駐車場経営は窓際リーマンでも始められる資産運用術


コインパーキング

空いた土地を活用する方法には色々ありますが、少ない資金や予算に合わせて手軽にはじめられるのが駐車場です。
更地に区切り線を引くだけでも駐車場として貸し出すことができますし、規模が大きくなればコンクリートを打ったり屋根を付けることも可能です。
資金が増えれば、管理人を常駐させたりタワーパーキングにすることなども可能です。
このように、駐車場を経営することの最大のメリットは資金に合わせて始められることです。
また失敗する可能性が低く安定した収入が得られるというメリットがあります。
仮に失敗した場合でもダメージが少なくて済みます。
賃貸経営を行うのに比べるとメンテナンスなどにかかる費用も少なくて済むのもメリットといえます。

空いた土地を有効活用する方法には色々ありますが、駐車場経営もほかのものと組み合わせて行う人が増えています。
例えば駐車場に屋根を設置し、更にその屋根の上に太陽光発電のパネルを設置します。
そうすることで、屋根がある駐車場ということで利用者が増え、太陽光発電による副収入を得ることができます。
太陽光発電の設置費はおよそ10年で回収することが可能だと言われていますので、長い目で見ると利益も大きくなります。
都会では時間貸しの無人コインパーキングが増えています。
小スペースで開業できるため小さい土地でも事業会社が運営や機器の設置を一括して行います。
都会では大きな土地が少ないためこのようなスタイルでの経営が人気のようです。